水漏れ修理後に行ないたい排水管の維持管理~キッチンへの定期点検~

水漏れによる被害~放置するとシロアリまで現れる~

普段の生活で水漏れしないように注意するべきこと

カップ焼きそばのお湯捨てが原因で発生することも!

キッチンの排水管の劣化を防ぐ対策として挙げられるのが、カップ焼きそば等のカップ麺のお湯をそのまま排水管へ流さないことです。家庭に使用されている排水管の多くはビニール製の排水管です。ビニール製の排水管は高い温度に弱く、60度以上の温度のお湯を掛けられると、表面が溶け劣化してしまうことがあります。カップ麺のお湯は100度近い温度であるため、何度もお湯を流すことで深刻なダメージを与えてしまいます。カップ焼きそば等のお湯を流す場合、必ず冷水と共に流すか、一旦洗い物の容器にお湯を入れて冷ますといった対策を行なうようにしましょう。

キッチン床下の水漏れ対策

ゴミを流さないようにする
キッチンの水漏れの原因として、排水管の詰まりが挙げられます。この排水管詰まりの主な原因は、普段キッチンを使用する際に出る生ゴミです。普段から三角コーナーの生ゴミ受けにゴミを入れるようにすることで、排水管の詰まりを回避できます。また、同時に排水口用のネットを設置することで、洗い物の際にゴミが流れたとしても、詰まらせてしまうことを防げるでしょう。
こまめに掃除
調理後の鍋や食器を洗う場合、付着していた油汚れが排水管へと流れてしまいます。これらの油汚れは、排水管に付着することがあります。劣化によって硬化した油や、微生物が繁殖することで発生する「ぬめり」が排水管に蓄積し、排水管の詰まりを誘発させる原因となってしまうのです。こまめに清掃をすることで、この排水管に付着した汚れを取り除くことができます。定期的に専用のブラシや薬剤を使用して綺麗にしておきましょう。
コーキングを行なう
水漏れが起きてしまった場合、自力で修理する方法としてコーキング剤の使用が挙げられます。コーキングはシリコンやゴムなどの樹脂でできた素材です。劣化が起きた箇所に塗ることで、穴やヒビ割れを塞いで硬化することができます。ホームセンターなどでも手軽に購入ができるので、水漏れの応急処置として利用することができます。

点検をしてもらう

水漏れ修理の業者へ定期点検を依頼することで、水漏れトラブルを未然に防ぐことができます。定期点検では、キッチンやトイレ、洗面台などの床下にある配管を業者がすみずみまでチェックします。水漏れによるトラブルが発生した場合は、修理による高額な費用を支払いますが、定期点検ではこうした費用を払わずに済みます。劣化が見られる配管があれば、水漏れが現れる前に簡単に対処してくれるため、安い価格で水漏れを防げるのです。

TOPボタン